2017
07.25

風力発電所開発 ドローンを使えば樹木伐採しなくても測量できる!

ニュース

みなさん、こんにちは!
ドローンスクールスタッフの由村です。

さて、本日は北海道民には結構重要な、「風力発電」について、気になるニュースがありましたので、お知らせいたします。

現在日本では風力発電が注目を集めておりますね!
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の調べでは、2017年3月の時点では、日本全国合計2,203基の風力発電があり、その中でも大半を占めているのが、北海道です。
北海道は約304基設置されています。

私の北海道の地元にも小さいものから大きいものまであわせて10基以上の風力発電があります。


(由村地元の風力発電)

そんな風力発電所を設置する際も、ドローンが大活躍です!

測量や点検など産業向けドローン事業を行っているテラドローンは、大手建築会社の大林組が北海道で進めている風力発電所の開発において、ドローンを利用したレーザー測量システムを導入したとのことです。

この方法であれば、本来樹々を伐採して行う測量を、伐採することなく上空から地表面の形状を高精度に測量する事ができるそうです。
また、伐採での測量では施工時誤差が大きくなり、もう一度測量からやり直しといった事になります。
作業効率がとても悪いですね、、、。


(イメージ 森林伐採)

そこで、直接地表を測量できるレーザースキャナーが注目されています。
樹木を通り抜け、地表で反射したレーザー光を検知することで、地表の高さや形を精密に計測できます。(引用)

1回測量を行う場合、例として家を建てる際の測量料金の相場は、約35~50万円ほど(100㎡あたり)。
風力発電を建設する際、広大な土地の測量が必要になるため、ざっと計算しても高額ですね。。
今後、このようなドローンを購入することができれば、コストも抑えることができ、効率的に作業が行える。
また、樹木を伐採しないので環境にも優しい、動物にも優しい!
一石二鳥、一石三鳥、です!!

北海道には、まだまだ風力発電が増えるお話もよく耳にします。
北海道だけではなく、今後は全国増えていくことでしょう。

ドローンで日本での暮らしがもっと素敵になりますね!!

 

それでは!!

 

 

参考記事
スマートジャパン

 

画像出典
YouTube
GATAG

—————————————————————–
ご都合の良い時間帯で個別説明会も承っております。

最新のスケジュール、情報も迅速にお伝えいたしますので
お気軽にお問合せくださいませ。

ドローン操縦士養成スクール

◆お問い合わせ連絡先

TEL 03-5201-3015
MAIL info@dronesschool.jp

—————————————————————–

◆運営会社:有限会社トラスト ドローン事業部

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
TEL 03-5201-3015 FAX 03‐5201‐3712
MAIL info@dronesschool.jp

◆ドローン事業部 運営サイトリンク

Japan Drone Media~ドローンの楽しさを追及するホンキのメディア~

JUIDA認定ドローン操縦士養成スクール

RENTAL Drone.jp~最新のドローンを安心・安全・お手軽にレンタル~