2017
07.24

DJI社ドローン”No Fly Zone” 解除申請ハプニングあるある

ニュース, お役立ち情報

本日は、DJI社の機体を使っているなら必ず意識する飛行制限エリア No Fly Zone”(通称NFZ) 解除方法ハプニングあるあるを一つ紹介します。

しかしこのNFZ。最近は、まったく関係ないエリアでも、時々なぜか発動する。。この誤発動により、インテリジェントモードがつかえなくなったり、ジオフェンス掛けられたみたいに引っかかる動きに。。

 

怖いものです。

私だけかなあと思っていましたが、とあるお知り合いに、そんな話をしていたら、よくあるとのことで。何かそういうものかと、気づきました。。(笑)    まだNFZ自体うまく機能していないんかな?と。

 

はい。

 

そんなことで、本日の本題ですが。

NFZ解除あるあるハプニング。?

以前。ここでNFZの解除方法をお伝えしました。私もその方法で、無事解除されました。

そして最近、久々に何も見ずに申請をし失敗。。あれ?と。。

実は解除申請で必要になる番号は機体のシリアルナンバーではなく。

フライトコントローラー(通称FC)のシリアルナンバーなんですね。

バッテリーを挿入する入口にあるナンバーとは異なります。。

でどこで見るのか?

次の手順になります。

まずアプリ「DJI GO (4)」を起動し。右端の「・・・」マークをタップ。いつものあれです。

そしてさらに「・・・」マーク。この項目の中の一番下にある「説明」をタップすると。。。

出ました!

フライトコントローラーシリアルナンバーこれです!。

 

そういえば前回はこの番号で申請してたなあ・・・と。

はい。

 

以上。NFZ申請解除をする時は

機体を起動し、アプリ「DJI GO 4」にてフライトコントローラーシリアルナンバーを使わないといけない。

 

と言うことです。

解除申請はこっちの記事で紹介してますので

よかったら。

 

後編は8月に空港周辺で飛行するのでその時に!

DJI飛行制限エリア(No Fly Zone)で飛行させるためには?公式解除方法を紹介。(前編)