2017
07.06

ドバイ ドローン搭載の完全自動運転パトカーが登場!

ニュース

みなさん、こんにちは!
ドローンスクールスタッフの由村です。

さて、日本の警察でもドローンが導入されておりますが、国外でも警備等に使われています。

一例として、ドバイ警察は6月、ドローン搭載の自動運転パトカー「O-R3」を導入することを発表いたしました。
O-R3はシンガポールのOTSAW Digitalが開発し、利用開始日は、年内に予定しているそうです。

もちろん名前の通り、自動運転のため人員はなし、車体は小さいので様々な場所へ行くことができます。
車体には繊細、高精細カメラ、赤外線画像装置、レーザースキャナー、光検出測定装置などを搭載しており、100メートル先の物体も認識出来ます。(引用)

また、24時間365日休まずにパトロールが可能と発表しており、怪しい人を確認した場合、検知して追跡。
そして、ここからが見どころ!
逃追跡が難しい場所に犯人がが走した場合は、自動車の後ろ部分よりからドローンが!!
このドローンを使い、細い道に逃げ込んだ犯人を追跡していきます。

時速15kmのため車で逃走されると、O-R3でもドローンでも追跡が蒸すかしいですよね。
しかし、安心してください!
容疑者が自動車で逃走した場合はコントロールルームに通報。実際の警察官が駆け付けます!

そして、なんと顔認識も可能だそうです。
もう何も悪いことできませんね。(悪いことしたことないですよ!?)

まずは年内に1台試験的に導入、2020年までには100台導入予定。ドバイ警察は「ロボットや自動運転などを増強し、警察官を配置しないでも街を平和にしていく」と述べている。

ドバイ警察ではロボットの導入には非常に積極的で、2017年6月からロボット警察「ロボコップ」を導入。
その際には、2030年までに、ドバイ警察の仕事の25%をロボットに置き換える予定と発表しております。
余談ではありますが、ロボコップは、ちょっとしたジョークも交えてお話できるそうです。。

ロボットだから病気にもならず代休もいらず24時間文句も言わずに働く
まさに、理想的な社員ですね(笑)

 

ドバイは、空飛ぶタクシーなど、ユーモアあふれるロボットが開発されていますね。
今後、どのようなロボットが出てくるのか楽しみです!!

 

それでは!

参考・引用

Yahoo news

REUTERS

OTSAW Digital

画像
YouTube

——————————————————
ご都合の良い時間帯で個別説明会も承っております。

最新のスケジュール、情報も迅速にお伝えいたしますので
お気軽にお問合せくださいませ。

ドローン操縦士養成スクール

◆お問い合わせ連絡先
TEL 03-5201-3015
MAIL info@dronesschool.jp
——————————————————

◆運営会社:有限会社トラスト ドローン事業部

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
TEL 03-5201-3015 FAX 03‐5201‐3712
MAIL info@dronesschool.jp

◆ドローン事業部 運営サイトリンク

Japan Drone Media~ドローンの楽しさを追及するホンキのメディア~

JUIDA認定ドローン操縦士養成スクール

RENTAL Drone.jp~最新のドローンを安心・安全・お手軽にレンタル~