2017
06.30

ディープラーニング機能による高度処理を備えた”PENSAR”

ニュース

オランダにある商業用ドローン製造メーカーAerialtronics社は、ヨーロッパで開催されたUAV EXPOにて、PENSARを展示した。この”PENSAR”の特徴として、

・ディープラーニング機能による高度処理を備えた表示基盤 を提供することができる

・新しい強力な FLIR Boson サーマルカメラの採用と、加速グラフィックプロセッサにより、リア ルタイムに画像処理を行うことが可能になった。

・SONY の 30 倍ズームのカメラも追加可能であり。 救助活動、検査、調査マッピングなどにも役立つ。

・ユーザはディープラーニング機能を 活用することで、目的に応じた自動認識などの高度なシステムを、容易に構築することができる。

が簡潔な内容である。

PENSAR は、スペイン語で「考える」という意味 であり、特徴からこのネーミングがされた。

 

空間認識において赤外線カメラも利用されること、と

「人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは」NVIDIA の下記ブログ参照 https://blogs.nvidia.co.jp/2016/08/09/whats-difference-artificial-intelligence-machine-learning-deep-learning-ai/ 以

この2点を調べてみると新しいドローンの活用方法がみつかもしれないですね。

NVIDIAのブログは面白くて勉強になります。

 

DJIの製品にも活用される画像認識。人間がアルゴリズムを見つけ出していたが、膨大なサンプルの中から機械に探させる手法が今後の主流になるかもしれない?

 

参照サイト:

人工知能、機械学習、ディープラーニングの違いとは NVIDIA/ブログ

Aerialtronics

 

 

◆運営会社:有限会社トラスト ドローン事業部

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
TEL 03-5201-3015 FAX 03‐5201‐3712
MAIL info@dronesschool.jp

◆ドローン事業部 運営サイトリンク

Japan Drone Media〜ドローンの楽しさを追及するホンキのメディア〜

JUIDA認定ドローン操縦士養成スクール

RENTAL Drone.jp〜最新のドローンを安心・安全・お手軽にレンタル〜

 

The following two tabs change content below.
t.fujimoto

t.fujimoto

”作る、治す、飛ばす、いじる”色々様々やってます。 飛行申請書類もしっかり提出。アマ3、3陸特も一応所有。 こう見えて真面目に運用中?。 ドローンは一周回って、最近SPARKにハマってます♪