2017
07.04

調べて困っている人はチェック!「ドローンの飛行許可申請」国内外ともに書くポイントは?(国外編)

ニュース

今回は前回に引き続き、「国内外でドローン飛行申請の書く時のポイント」を記事にします。

前編はこちらなので、国内から閲覧したいかたは、こちらから↓

調べて困っている人はチェック!「ドローンの飛行許可申請」国内外ともに書くポイントは?(国内編)

今回は下記の国外ドローン申請のテンプレートを例にします。これは、先月サンマリノで開催された「NIPPON MATSURI」で空撮を行うために、サンマリノ大使館より要求された提出資料です。(筆者は先月サンマリノの飛行申請書を書きました。)

イタリアの土地のど真ん中みたいなところに位置するサンマリノ共和国ですが、

英語の書類でした。。。救われました。笑

はい。それで、国外でのドローン申請書はよくそうなんですが、本物のドローン(軍事系とか固定翼?とか自作機、開発機?)向けのフォーマットになっているのか、書けない空欄が多いんです。。。笑

その内容は、書類の1〜3ページは申請記入欄4〜8ページは記入欄の説明文及び略称の詳細

例えば)RPAREMOTELY PILOTED AIRCRAFT 略称が多いんです。。この辺無理に解読しなくても、ひとまず大丈夫です。

ちなみにですが、申請書の原本はこちらに↓

サンマリノ共和国 ドローン申請書

こんな申請書、まして英語なんて。。とても億劫になるかと思いますが。。。

何度も言いますがポイントは

いつ、だれが、どこで、どの時間帯を、何の目的

これらの項目は必ず忘れなく、わかりやすく書きましょう。

”申請書を見る担当者さんは、ドローンについてはまったくわからないかもしれない?”。しかし”うちの土地で、どんなことするんですか?と注意している?”と想定しましょう。

警戒心を解くために、国内のドローンライセンス(顔写真付き)、国内での飛行許可申請、保険のコピーなどもあえてコピーを提出する。というのもコツです。(書類だけではわからないですから。。。)

経験上用意するものとして。

国内での飛行申請では、飛行させる機体の情報は提出(もしくは省略可能機体として記入)してますよね。

その用量で、少し工夫をして。

使用するドローン(DJI PHANATOMなど)の英語のマニュアル。と いつ、だれが、どこで、どの時間帯を、何の目的で飛ばします。と英語で文章におこしておく。この二つを用意することでとても申請書を書く時に楽になります。

。。それだけ?と思うかもしれませんが、この二つがとても日本語の通じないところで役に立つんです。笑

もちろん提出資料で必要になるときもあります。

そして何より世界のDJIさんはマニュアルの言語が多いので、もっと親切に資料を用意する場合は、現地語のマニュアルを持っておくことも手段です。

更にこれは、国外に入国する時に、空港での荷物検査時に引っかかった時に役立ちます。

検査官に、、、

「このドローン(英語のマニュアル)こういう目的で所持してます。(いつ、だれが、どこで、どの時間帯を、何の目的で飛ばしますの英文により)」

と伝えれば、筆者の経験上「おk。じゃ。気をつけていってらっしゃい。」という感じになります。

※国によっては入国前にパーミッションを取っておく必要だったり、WEBで登録も必須なこともありますが。

そうなんです。国外の場合は、飛ばすための申請を書くだけで終わりではありません、その他の戦いが続くのですよ。。笑(その体験談は番外編で書きます)

そのイメージをしっかりと持って準備すれば、明確に書かないといけない項目は見えてくると思います。

逆に必要あるか?という項目もあるので、そういう場合は N/A ,None など記載して提出後指摘を受けてから

調べて記入の手順でも良いかと。(指摘を受けた経験はいまのところありません)

 

わからないフォーマットに、頑なに英単語を翻訳して専門用語で答えるよりは、。

絶対良いかと思います。。。笑

 

そして

 

※無事サンマリノの申請の許可を得て、弊社のオペレーターが空撮に出張して参りました。

 

もし記載済書類を見たい場合は。。。

トラストへ?もしくは学校説明会へ?^ ^

 

ってことでポイントは、またもや復唱しますが、

いつ、だれが、どこで、どの時間帯を、何の目的 を意識して作成、準備すること 機体の英語(現地語)マニュアル上記のポイントの英文を用意することです。

 

次は、番外編で、経験談から国外でドローンを飛ばすには?の準備についてをお伝えしたいと思います。

 

それでは!

 

 

続編はこちらです↓

国外でドローン飛行の経験談。ー実際に飛ばすまでの調整ポイントお伝えします!ー(初回)

 

◆運営会社:有限会社トラスト ドローン事業部

東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4F
TEL 03-5201-3015 FAX 03‐5201‐3712
MAIL info@dronesschool.jp

◆ドローン事業部 運営サイトリンク

Japan Drone Media〜ドローンの楽しさを追及するホンキのメディア〜

JUIDA認定ドローン操縦士養成スクール

RENTAL Drone.jp〜最新のドローンを安心・安全・お手軽にレンタル〜

 

The following two tabs change content below.
t.fujimoto

t.fujimoto

”作る、治す、飛ばす、いじる”色々様々やってます。 飛行申請書類もしっかり提出。アマ3、3陸特も一応所有。 こう見えて真面目に運用中?。 ドローンは一周回って、最近SPARKにハマってます♪