2017
12.21

初めて一人でドローンを飛ばしたとき、人はこうなる??

ニュース

こんにちは!

Hタニです!!

 

さて本日は、周りにドローン熟練者がいない状況で、初めてドローンを飛ばした時に、人はどうなるのか?

いや、どうなったかを書いてみようと思います!!(笑)

 

その時の状況こちら

 

飛行場所:山口県瀬戸内海 離島

機体  :DJI SPARK

バッテリー個数:3つ

 

飛行者 プロフィール

経験時間:15時間くらい? トイドローンの飛行はできる

特徴  :チキン

 

それでは、当日のフライト状況です。フライトは日の出と、正午の2回行いました。

 

【フライト 日の出編】

使ったバッテリー 2個

 

まず日の出からフライトをさせました。

この時間なので、人はおらず一人で廃校となった小学校からフライトさせました。

風もなく、安定したフライトだったので、出来るなと思い、SPARKでパノラマ撮影など行いました。

日の出の海、廃校の校舎など、なかなかな撮影ができたと思います。

 

実際の写真がこちらです。

 

 

そして、ここからがターニングポイントです!!!調子に乗った私は階段を上って登校する子供目線で撮影しようと思いました。

離着陸ポイントが狭かったんですが、「いっけー!」

10センチくらい浮いたところで、機体が壁に吸い寄せられるように動き出し、対面に機体を置いたことを忘れて逆舵、、、

ガラガッシャーンとなりました・・・・・

 

幸いにもプロペラ破損のみでことなきを得ましたが、ぞっとしました、、

自分で見ろよって話ですが、誰か注意してくれる人がいればな、と思いましたね、、

 

そして、ここで撤退、、、

 

【フライト 正午編】

使ったバッテリー 1個

 

ごはん食べて元気を取り戻して、正午に再フライト!!

次は山へのぼり撮影開始。周りには家族・親戚たち。朝と違い、地味に緊張します(汗)

家族なのに、いや家族だからかなど考えながら、大げさに、真剣な表情でフライト前確認。

これまた山道での離陸のため狭いポイントでしたが、無事離陸!!

ここで、家族に対し、ドローン雑学を多数披露する!!

機体は安定!!風はない!!

そして、早速ミカンの木たちを一望できるポイントまで飛ばし、またパノラマ撮影!!

 

ここで、操縦者のチキンが発動!!

 

パノラマ撮影中気になったことを羅列します。

 

・カラスや鷹が飛んでおり、突っ込んできそうな気がする

・ドローンの離陸後、怖くて姪が泣いていることに焦りを感じる

・動画を撮ると下手くそがばれる、どうしよう

・そもそも借り物の機体という事を思い出す

・着陸に時間がかかったらどうしよう

 

と、ここで、バッテリーアラームが発動!!

はい、もちろんパノラマ撮影終了した瞬間帰還しました。

 

 

★結論

1人で飛ばすと、調子乗ったり、臆病になったり、しんどいです。少しでも良いので、機体の状況をわかってくれる人が必要と感じました。精神的にも、肉体的にもですね、、

あと、トイドローンで練習しておいてよかったです。離着陸がほんとスムーズに出来ます!(事故しましたが、)

さらに、スクールに携わってなかったら、DJI GOのアプリ内で確認できることを、全くわからないまま飛ばしてたと思います。

 

 

そして極めつけは、上昇させて、カメラ下向けて写真を1枚とっただけで、スターになれます。(笑)

難しい飛行とかではなく、安全に飛ばすことが出来れば良いんだと思えます!

 

ぜひ、今後飛ばしてみたいという方は、買って一人で飛ばしに行く前に、

勉強してフライトさせた方が安全だと思います!!

 

それでは!!

 

 

The following two tabs change content below.
本谷 健

本谷 健

有限会社トラストドローン事業部 営業 広島出身 趣味:プロ野球観戦 飲み会 一言:「OSMOの使い方誰か教えてください。」