2016
11.28

ドローンで測量を学ぶためのワークショップが都内で今週開催。

イベント, お知らせ

こんにちは。

藤本です。

様々な活用が期待されているドローン。空撮だけではなく、他の分野に応用しようと色々な試みがされていますね。

その中で測量に応用しようとする方も多いのでは、

しかしながら、現状学ぶにしても、どこで学ぶのか、そしてまた何のソフトを使えばいいのかわからない。など引っかかる人も

ドローンを始めたばかりだとあるはずです。

今日は、そんなドローンをさらに応用するために、都内で開かれるドローンとあるソフトウェアを用いたワークショップを見つけたのでご紹介を!

まずはURLを先に貼っておきます。

Pix4D Workshop Tokyo DEC 2

おそらく測量や写真測量などに興味をもって、ドローンに関して調べた方は見覚えのあるはず。

測量のために必要になってくるソフトウェアの一つで有名な「Pix4D」です。

 

【講義内容】

  • Pix4Dmapperの概要説明
  • 写真画像から3次元データを生成する技術
  • 出力形式(CAD / GISソフトとの互換性)
  • ジオリファレンスと精度
  • Pix4Dmapperで処理をするための基本的条件
  • Pix4Dmapperの操作デモ
  • Pix4Dmapperを利用した精密農業への利用
  • “Pix4Dmapperを利用するためのハードウェア構成
  • および処理時間”
  • Pix4D Captureに関する案内
  • Pix4D社の将来展望
  • 質疑応答

 

講義内容は上記のようになっています。会費が50000とお高く見えますが、測量系のドローンワークショップの情報いくつか見たことありますが、

現状このぐらいの相場のようです。

こういったソフトを覚える場所ってなかなかないですし、ネットで探しても自分のやりたいことにあった情報までの道のりが長ったたりと、大変ですよね。運よく日本でも今回一か所東京でワークショップが開かれるようなので、この分野のドローンに興味がある人は「Pix4D」も含めて、ぜひチェックしてみるといいかもしれません。

 

fireshot-capture-065-pix4d-workshops-become-a-professional_-https___pix4d-com_pix4d-workshops_

 

それではまた!

 

 

The following two tabs change content below.
t.fujimoto

t.fujimoto

”作る、治す、飛ばす、いじる”色々様々やってます。 飛行申請書類もしっかり提出。アマ3、3陸特も一応所有。 こう見えて真面目に運用中?。 ドローンは一周回って、最近SPARKにハマってます♪